歯医者の成功の秘訣は?質の高いスタッフと戦略で潰れないコツを解説 

歯科経営

歯科医院が潰れるのはなぜ? 

歯医者が潰れる理由として、ここではその背後にある要因を詳しく探ります。
歯医者の経営に関心がある方、または自身の歯医者を開業することを考えている方にとって、有益な情報を得られるでしょう。 

歯科衛生士・歯科助手などスタッフの質が足りていない 

歯医者が潰れる理由の一つに、歯科衛生士や歯科助手などのスタッフの質が足りていないということが挙げられます。
歯科衛生士とは、歯科医師の指示のもとに歯のクリーニングや予防指導などを行う専門職です。
歯科助手とは、歯科医師の補助や受付、電話対応などを行う職員です。
これらのスタッフは、歯科医院のサービスの質やイメージを左右する重要な役割を担っています。 

しかし、歯科医院によっては、スタッフの教育や管理が十分に行われていないことがあります。
スタッフの教育や管理が十分に行われていないと、患者のリピート率を低下させ、口コミや評判にも悪影響を及ぼします。結果として、歯科医院の集患力や収益力が低下し、経営が困難になる可能性があります。 

スタッフのレベルが患者の満足度に関係する 

スタッフのレベルが高ければ、患者の満足度も高まり、歯医者の経営も安定します。
しかし、スタッフのレベルが低いと、患者の不満が増え、歯医者の評判や収入に影響を与える可能性があります。

スタッフのレベルが足りていないと、どんなことが起きるのでしょうか。
仕事の効率が悪くなったり、ミスが多くなったり、患者に不満を持たれたりするかもしれません。

「技術的な問題」 

スタッフの技術が不十分だと、患者の歯の状態や治療の効果を正確に判断できなかったり、治療中に痛みや不快感を与えたりすることがあります。

例えば、歯科衛生士が歯石除去を行う際に、歯茎を傷つけたり、歯石を完全に除去できなかったりすると、患者は不信感や不満を感じるでしょう。
また、歯科助手が器具の消毒や準備を適切に行わなかったり、歯科医師の指示に従えなかったりすると、感染症のリスクや治療のミスが発生する可能性があります。 

「対人的な問題」 

スタッフの対人スキルが低いと、患者とのコミュニケーションや信頼関係が損なわれることがあります。

例えば、スタッフが患者に対して態度が悪かったり、無愛想だったり、話を聞かなかったりすると、患者は不快感や不安感を抱くでしょう。
また、スタッフが患者に対して説明やアドバイスが不十分だったり、不適切だったりすると、患者は治療の内容や必要性を理解できなかったり、自宅でのケアや予防法を実践できなかったりすることがあります。 

「組織的な問題」 

スタッフの組織力が低いと、運営や管理が効率的に行われないことがあります。

例えば、スタッフが予約やカルテの管理を適切に行わなかったり、患者の来院や待ち時間の調整をうまくできなかったりすると、患者は長時間待たされたり、予約が取れなかったりすることがあります。

また、スタッフが歯科医師や他のスタッフとの連携や協力ができなかったり、トラブルやクレームに対応できなかったりすると、歯医者の業務やサービスの質が低下する可能性があります。
その結果、歯科医院の信頼や評判が失われたり、悪い口コミを書かれたりすることで、患者の流出やクレームが増えるでしょう。 

以上のようにスタッフのレベルが低いと、患者の満足度も低くなり、歯医者の経営も不安定になるでしょう。 

経営のコツを知らずに損をしている 

歯医者は、医療の専門家であると同時に経営者でもあります。
しかし、多くの歯医者は、歯科医師としての技術や知識には長けていても、経営に関するコツや知識には不足していることが多いです。

例えば、歯医者は、以下のような経営上の課題に直面しています。 

  • 集患やマーケティングの方法がわからない 
  • スタッフの育成や管理ができない 
  • 経営戦略や財務分析ができない 
  • 競合他院との差別化ができない 
  • 患者の満足度やリピート率が低い 

これらの課題を解決するには、歯科医師としてのスキルだけではなく、経営者としてのスキルも必要になります。
しかしまずは、歯科医療を提供する医師としての立場が第一。治療技術を優先的に学んでいるうちに、経営のコツを知らないまま、損をしていることに気づかない場合があります。 

歯科医院の長期経営に必要なこととは? 

歯科医院を開業するとき、多くの先生方は自分の夢や理想を実現したいと思うでしょう。

しかし、開業した後には、患者の獲得や満足度、競合との差別化、スタッフの管理や教育、設備の更新やメンテナンスなど、さまざまな課題に直面することになります。
これらの課題に対処するためには、歯科医院の長期経営に必要なことを知ることが重要です。 

WEBマーケティングの活用 

WEBマーケティングとは、インターネットを利用したマーケティング活動のことで、様々な手法があります。
WEBマーケティングのメリットとしては、以下のような点があります。 

  • 多くの顧客にリーチできる 
  • スピーディに実行・改善できる 
  • コストが抑えられる 
  • ターゲットを絞って効率的に展開できる 

これらのメリットを活かすためには、WEBマーケティングの手法を適切に選択し、効果測定をしてPDCAを回すことが重要です。

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の頭文字をとったもので、マーケティングのサイクルを表しています。
WEBマーケティングでは、アクセス解析ツール2などを使って、施策の効果を数値で確認できるため、PDCAを回しやすいという特徴があります。 

WEBマーケティングの手法として、リスティング広告、SEO対策、SNS広告、メルマガ、ウェビナーなどがあります。
それぞれの手法には、特徴やメリット・デメリットがありますので、自社の目的やターゲットに合わせて選択することが必要です。
また、複数の手法を組み合わせて使うことで、より効果的なWEBマーケティングを実現できる場合もあります。 

WEBマーケティングは、知識やスキルが必要な分野ですので、自社で行うのが難しい場合は、WEBマーケティングのプロに相談することも一つの方法です。
WEBマーケティングのプロには、WEBマーケティングの手法や最新のトレンドを熟知している人が多く、自社のニーズに合わせた最適なプランを提案してくれる場合があります。 

歯科医院の長期経営には、WEBマーケティングの活用が欠かせません。
WEBマーケティングのメリットを理解し、自社に合った手法を選択し、効果測定をして改善していくことで、歯科医院の集客や売上アップにつなげられるでしょう。 

患者に喜ばれる接客とサービス 

患者に喜ばれる接客とサービスは、患者の満足度やリピート率を高め、口コミや紹介による集患につながります。
では、具体的にどのような接客とサービスが患者に喜ばれるのでしょうか。以下にいくつかのポイントを紹介します。 

スタッフの教育とモチベーション

患者はスタッフの態度や対応にも敏感です。
そのため、スタッフの教育とモチベーションを高めることが重要です。

スタッフには、患者に対する笑顔や挨拶、丁寧な言葉遣い、聞き方や話し方、説明やアドバイスなどの接遇スキルを身につけてもらう必要があります。
また、スタッフには、給与や福利厚生、評価や報酬、キャリアやスキルアップなどの働きがいを提供することも方法の一つです。

診療内容や費用の説明の充実

患者は診療内容や費用について不安や疑問を抱くことがあります。
そのため、診療内容や費用について分かりやすく説明することが重要です。

診療内容については、患者の症状やニーズに応じた治療計画を提示し、治療の目的や効果、リスクや注意点などを詳しく説明することが必要です。
費用については、保険診療と自費診療の違いやメリット、デメリットを説明し、見積もりや領収書を提示することが必要です。 

アフターケアの充実

患者は治療後もフォローを求めることがあります。
そのため、アフターケアを充実させることが重要です。

アフターケアには、治療後の経過や注意点、予防やメンテナンスの方法などを説明することや、治療後の感想や満足度を聞くことや、次回の予約や定期検診の案内をすることなどが含まれます。
また、電話やメールなどでのアフターフォローや、ホームページやSNSなどでの情報発信やコミュニケーションも有効です。 

以上のように、患者に喜ばれる接客とサービスを提供することは、歯科医院の長期経営に必要なことです。
これらのポイントを意識し、患者との信頼関係を築くことで、歯科医院のブランド力や競争力を高めることができます。 

スタッフに投資して育てること 

歯科医院の長期経営に必要なこととして、スタッフに投資して育てることが挙げられます。

歯科衛生士や歯科助手などのスタッフは、患者の治療や予防、受付や会計など、歯科医院の業務の多くを担っています。
したがって、スタッフの質やモチベーションが、歯科医院のサービスの質や患者の満足度に大きく影響します。 

では、スタッフに投資して育てる方法はどのようなものがあるのでしょうか。
具体的には、以下のような取り組みが考えられます。 

スタッフの教育や研修を定期的に行う

例えば、歯科医師会や学会などの外部機関の講習会やセミナーに参加を促す、歯科医院内での勉強会やミーティングを開催する、他の歯科医院や医療機関との交流や見学を行うなどがあります。 

スタッフの評価や報酬を適正に行う

スタッフの業績や貢献度に応じて、給与や賞与、昇給や昇格、表彰や賞品などのインセンティブを与える、スタッフの意見や要望を聞く、スタッフの健康や福利厚生に配慮するなどがあります。 

スタッフの目標やビジョンを共有する

例えば、歯科医院の理念や方針、目標や計画、役割や責任などを明確にする、スタッフのキャリアや将来の展望を考える、スタッフの成長や成功を共に喜ぶなどがあります。 

以上のように、スタッフに投資して育てることは、歯科医院の長期経営にとって非常に重要なことです。
スタッフは歯科医院の最大の財産であり、歯科医院の発展や競争力の源泉です。
スタッフに投資して育てることで、歯科医院はより良いサービスを提供し、より多くの患者の信頼や満足を得ることができるのです。 

リピーターを増やすための丁寧な診療 

歯科医院の長期経営に必要なこととして、リピーターを増やすための丁寧な診療が挙げられます。
以下に、その方法と効果について説明します。

まず、丁寧な診療とは、患者の症状や要望に応じて、適切な治療計画を立て、説明し、同意を得ることです。
また、治療中や治療後にも、患者の状態や感想を聞き、不安や疑問を解消することです。
さらに、予防歯科やメンテナンスの重要性を伝え、定期的な受診を促すことが大切です。 

次に、丁寧な診療の効果として、以下の点が考えられます。 

患者の信頼と満足度を高められる

患者は、自分の口腔の状態や治療の内容を理解し、納得した上で治療を受けられます。また、治療の結果や経過についても、歯科医師から丁寧に説明されることで、安心感や満足感を得られるでしょう。 

患者の口コミや紹介によって、新規の患者を獲得できる

患者が歯科医院に対して良い印象を持ち、周囲に勧めることで、歯科医院の知名度や評判を高められます。また、患者の家族や友人など、信頼できる人からの紹介は、新規の患者にとっても安心感や信頼感を与えられます。 

患者の定着率や再来率を高められる

患者が歯科医院に対して忠誠心や愛着を持ち、長期的な関係を築けます。また、患者が予防歯科やメンテナンスの必要性を認識し、定期的に受診することで、歯科医院の安定した収入源となります。 

以上のように、丁寧な診療は、歯科医院の長期経営にとって、非常に有効な手段であると言えます。歯科医院は、患者のニーズに応えることで、競争力を高められるのです。 

スタッフの定着に関するセミナーを開催しています 

歯医者の経営において、人材の確保と育成は重要な課題です。
しかし、人事評価制度をどのように設計し、運用すれば良いのか、悩んでいる先生方も多いのではないでしょうか。 

人事評価制度とは、従業員の業績や能力を客観的に評価し、報酬やキャリアの決定に反映させる仕組みのことです。人事評価制度が適切に機能すると、従業員のモチベーションやパフォーマンスを向上させ、採用や定着にも効果があります。 

そこで、このセミナーでは、歯医者の採用と定着が上手くいくための人事評価制度の設計を、専門家の講師が分かりやすく解説します。
このセミナーは、歯医者の経営者や人事担当者、歯科衛生士や歯科助手など、歯医者の人材に関心のある方におすすめです。人事評価制度を導入したい方や、既に導入している方でも、より効果的に活用するためのヒントが得られます。 

歯医者の採用と定着が上手くいくための人事評価制度セミナーにぜひご参加ください。 

まとめ 

歯医者の成功の秘訣はスタッフの質向上と経営スキルの向上、WEBマーケティングの活用、患者に喜ばれる接客とサービス、スタッフの投資と育成、丁寧な診療にあります。
これらの要素を組み合わせて実践することで、歯科医院は長期的な成功を収められるでしょう。
経営のポイントを実践し、自身の歯科医院の発展に役立ててください。 

タイトルとURLをコピーしました