成長し続ける歯科医院のために”歯科衛生士の目標設定例”

定着・育成

歯科医院が成長していくためには、院長をはじめ歯科衛生士らスタッフ全員が成長していくことが鍵になります。

なぜなら、

  • スタッフのレベルが高ければ、患者さんが満足する
  • 満足する患者さんが増えれば、医院の売り上げが上がる
  • 売り上げが上がれば、スタッフの給与も上がりモチベーションが上がる

といったような良いサイクルが回るからです。

あなたの医院では、このような良いサイクルはできているでしょうか。

この記事では、あなたの医院でスタッフが成長していけるための取り組みとして、歯科衛生士の目標設定を始めることを提案します。

具体的な目標例やその決め方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ歯科衛生士の目標設定が必要なのか?

医院とスタッフの成長のために、なぜ目標設定が必要なのでしょうか?

例として、家を建てることを考えてみてください。

あなたはどんな家にしたいのか、頭の中でイメージするでしょう。

  • 家族みんなで団らんしたいから広いリビングにする
  • 自然の光で部屋を明るくしたいから窓を大きめにする
  • 子どもたちが大きくなっても快適に過ごせるように子ども部屋の収納スペースを十分にとる

など、具体的に頭の中で理想の家を思い描いていくはずです。

そして、思い描いたことを設計図に落とし込み、建築計画を立てたら工事が始まります。

もし理想の家がどんなものか曖昧なまま建て始めてしまったら、途中で変更点がたくさん出てきて、余分な費用がかかったり完成が遅れたりしてしまうかもしれません。

そこで、実際に家を建てる前にあなたがどんな家を建てたいのか細かいところまで想像して、それが設計図に正確に組み込まれているかしっかり確認する必要があるのです。

理想の医院を作る場合にも同様のことが言えます。

あなたが想像する理想の医院とはどんなものか、その理想の状態になるために歯科衛生士にどんな成長をしてほしいのかが曖昧では、医院の成長はなかなか思う通りにはいかないでしょう。
ですから、医院とスタッフが共に成長していくための第一歩として、具体的な目標を設定することが必要なのです。

効果的な目標設定のポイント

では、実際にどのようなことを意識して目標を立てれば良いのでしょうか。

効果的な目標設定をするためのポイントをご紹介していきます。

実現可能な目標を立てること

まず、目標設定における注意点として実現可能な目標を立てるということがあります。
スタッフによって、経験年数や得意・不得意などは様々です。
新人の歯科衛生士で、これから日々の業務に慣れていく段階のスタッフもいれば、
ベテランの歯科衛生士で、自身のキャリアアップのために資格の取得や技術の向上に励みたいスタッ
フもいるでしょう。

成長のためとはいえ、新人の歯科衛生士にベテランの歯科衛生士並のスキルを1年で身につけさせる
ような目標を設定しても、達成できるイメージが湧かずモチベーションが下がったり自信をなくしてしまっ
ては逆効果です。
さらに、成長の速さも人によって異なるため、そのスタッフのキャパシティや意欲を考慮することも必要
になります。

つまり、重要なのはそれぞれの立場になって歯科衛生士自身が達成に向けて前向きに努力できる目標
を設定すること
です。
スタッフを集団として一律で管理するのではなく、一人ひとりの個性にきちんと向き合うことを意識しま
しょう。

適切に評価できること

目標は設定するだけではなく、達成の度合いを適切に評価できるかが重要です。
そのために、目標が数値化、定量化できるかを意識してみてください。

例えばダイエットをするとき、ただ「痩せる」ではなく「3か月で体重を5kg落とす」のように
いつまでにどのくらい痩せるのかを明確にすると良いでしょう。
そうすれば、途中で「残り1か月であと1.5kgだ!」というように
現在地からゴールまでが数字でイメージできるとモチベーションを保ちやすくなります。
また、最終的に「3か月で体重を4kg落とした」という結果だった場合は、100%の達成はできなかったが
80%は達成した、と評価できます。

仮に、ただ「痩せる」としか決めていなかった場合、「痩せられなかったけど頑張ったんだから評価してほ
しい!」と言われたら困ってしまうでしょう。
目標を数値化、定量化することは、評価する側とされる側が同じものさしで結果を確認するための基準
にもなります。
全ての目標を数値化、定量化することは難しいかもしれませんが、歯科衛生士が目指しやすく、院長や
管理者が評価しやすい目標を設定するために心がけてみてください。

昇給と繋がっていること

目標の達成が自分の昇給と繋がっているということは、しっかりと認識させておくべきです。
歯科衛生士のモチベーションが下がってしまう原因の一つとして、評価基準が明確でないことがありま
す。

  • 自分のどこを見て評価されているのかわからない
  • スキルや経験値が上がったのに給料は上がらない


といったような疑問や不満が積み重なれば、スタッフはやりがいを感じられず、離職の原因にもなり
ねません。
ですので、自分の仕事がどのように評価され昇給に反映されるのかを明確にすることが重要になりま
す。
目標を達成した先に何が得られるかをイメージできれば、高いモチベーションを維持しながら日々の業
務に励むことができるでしょう。

歯科医院のビジョンに沿っていること

歯科医院が成長していくためには、院長をはじめスタッフ全員が成長していくことが鍵になると冒頭で述
べました。
もちろん、目標を立てるときは、歯科衛生士らスタッフ自身の意思を尊重して、各々が主体的に努力で
きる目標を設定することが大切です。
しかし、それぞれのスタッフ個人の目標が、歯科医院というチームのビジョンから逸れてしまっていては
共に成長していくことはできません。
目標を考える前に、歯科医院全体のビジョンを院長とスタッフ全員で共有し理解しておきましょう。

また、周りのスタッフも同じビジョンを持ち、各々の目標に向けて努力していると認識することで、チーム
全体で良い刺激を与え合いながら同じゴールを目指して向かっていくことができます。
チームの一員としてどんな医院を作りたいか、そのために自分は何ができるかを考えてもらい、医院も
スタッフ個人も共に成長できる目標を設定しましょう。

歯科衛生士の目標例

効果的な目標設定のポイントを踏まえた上で、実際に目標を立てていきましょう。

役割から考える

ここで、歯科衛生士の役割ごとに目標を考えてみます。
それぞれのスタッフが、歯科衛生士としてどんな力を身につけたいか、患者さんに対して、または医院
の中でどんな存在でありたいかなどを丁寧にヒアリングしながら、目標を具体化していくことが大切で
す。

治療する

歯科衛生士の成長にあたり、治療の知識やスキルを磨くことは必要不可欠です。
適切に評価するためのポイントとして確認した数値化、定量化がしやすい部分なので「何を」「いつまで
に」「どのくらい」達成するのか
を具体的に設定してみてください。
専門的な知識やスキルをしっかり身につけることで患者さんからの信頼を得られ、医院全体の印象も
アップするでしょう。
目標例

  • 今年中に◯◯に関する認定歯科衛生士の資格を取得する
  • 実践を繰り返し、3か月後に歯のクリーニングにかかる時間を◯分短縮する。

患者さんのケア

患者さんに寄り添い、安心して治療を受けてもらうことも歯科衛生士の重要な役割となります。
どのようなところに不安や悩みを感じるかは人それぞれです。
自分の基準で判断するのではなく、患者さんの立場になって共感しコミュニケーションを取ることで信頼
関係を築き、安心して治療を任せてもらいましょう。
目標例

  • 治療前の患者さんとのコミュニケーションを先輩にチェックしてもらいアドバイスを受ける
  • 予約前日の連絡や来院した患者さんへの挨拶を徹底する

チームを作る一員

歯科衛生士は歯科医院というチームを作る一員であるという意識も忘れずに持ちましょう。
特に、小規模な医院であるほど個人の影響力や責任は大きくなるものです。
自分自身だけではなく、院長をはじめ他のスタッフも含めた全員が働きやすい環境を作る目標も設定し
てみてください。
目標例

  • 毎朝受付と玄関周りを掃除して、常に清潔で快適な状態を保つ
  • 治療器具が取り出しやすいように整頓できるカゴを設置する

継続できる仕組みを作る

目標を設定したら、それを継続的に活用していくための仕組みも作りましょう。

日報とフィードバック

目標を設定したら、日報を使って進捗や達成の状況を確認しましょう。
大きな目標を設定した場合は、目標から逆算して日々やるべきことを明確にすると達成しやすくなりま
す。
また、達成できたかできなかったかという結果だけではなく、なぜできなかったか、どうしたらできるよう
になるか、といったところまで考えてもらうこと
が重要です。
その上で、院長や管理者の視点から的確なフィードバックをし、良い方向へ導いていくサポートをしま
しょう。
毎日の小さな達成を積み重ねることで、モチベーションを維持しながら大きな目標へ向かっていくことが
できるようになります。

定期的な面談

歯科衛生士が目標の達成に向けて着実に進めているかチェックし、適切なマネジメントを行うことは院
長や管理者の重要な役割です。

例えば、
「スキルを磨いて歯のクリーニングにかかる時間の短縮を目指していたのに、時間を短くすることだけに
気を取られて作業が雑になっていた」
といった場合のように、目的意識や努力の方向性がずれていてはどれだけ頑張っても報われない結果
になってしまいます。
スタッフのマネジメントにおいて、ただ目の前のタスクをこなすことに一生懸命になっていないか、自分
の目標を達成するためのプロセスとして日々の業務に取り組んでいるかを定期的に振り返るようにして
ください。
もし、目的意識や方向性がずれていたり、ペースが合っていなかったりした場合は、適切なアドバイスを
して軌道修正しまょう。

達成を応援するサポート

歯科衛生士の主体性だけに任せるのではなく、院長や他のスタッフも目標の達成を応援するサポート
をしましょう。
例として、

  • 新人の歯科衛生士にはOJTを実施して丁寧に指導する
  • 資格の取得、セミナーや研修への参加などにかかる費用をサポートする
  • 試験やセミナーへの参加により出勤できないスタッフがいるときは、他のスタッフたちで業務を分担する


このように、それぞれのスタッフの状況を把握して協力し合ったり、研修費用を医院が負担してスキル
習得への挑戦を後押ししたりといったサポートが大切です。
また、困ったときにいつでも相談できるような院長とスタッフ間の関係性作りや日々のコミュニケーション
にも気を配りましょう。
達成に向けて努力する歯科衛生士の姿は、他のスタッフにも良い刺激を与えます。
チーム全体で目標達成に向かう体制作りを心がけてください。

まとめ

歯科衛生士の目標設定は、歯科医院の成長に影響する重要なステップの一つです。
しかし、やみくもに目標を決めてしまうと、スタッフが不満を感じてしまったりトラブルに発展してしまうお
それもあります。
冒頭で述べた

  • スタッフのレベルが高ければ、患者さんが満足する
  • 満足する患者さんが増えれば、医院の売り上げが上がる
  • 売り上げが上がれば、スタッフの給与も上がりモチベーションが上がる

といったような良いサイクルを回すには、効果的な目標設定と継続できる仕組み作りが必要です。
そして、この後に重要になることは、目標の達成を適切に評価し、スタッフの給与へ反映する制度、すな
わち人事評価制度です。
スタッフに求められる業務はどんなことがあるのか、どのくらいのレベルになったらいくら貰えるのかを
明確にすることがポイントになります。
なるほど!デンタル人事では、医院をうまく回す仕組みとなる人事評価制度について解説するセミナー
を開催しています。
医院の成長を加速させるきっかけとして、ぜひご活用ください!

タイトルとURLをコピーしました